【天満切子の由来】
大阪の天満は、ガラスと縁が深い地域です。大阪天満宮正門脇に「ガラス発祥の地」の碑があり、江戸時代に長崎のガラス商人、播磨屋久兵衛の指導のもと天満宮近くで作っていたと言われています。
数十年前まで、同心・与力町界隈は多くのガラス工場で活気に溢れており、その同心で宇良武一氏が切子職人として四十余年の経験をもとに、「切子工房RAU」を創業したのが始まりです。
そこで、今までにない輝きを引き出す技法で作られた切子を「天満切子」と命名しました。
【天満切子の特徴】
「天満切子」は色被せガラスにU字カット(蒲鉾掘り)を施し、グラスの底の厚みを利用したカット模様が側面部分に映り込むことでいっそう輝きが増します。
 薬品処理せず、全ての工程を手作業で行い、職人が手間と時間をかけて一品ずつ完成させています。宝石のように美しく、万華鏡のように輝く「天満切子」は見るものを飽きさせません。
「江戸切子」や「薩摩切子」は、V字形の刃を用いたシャープで規則的な模様が特徴ですが、「天満切子」はU字形の刃で削り、手磨きと呼ばれる手間の掛かるつや出しをすることで、柔らかな表情を生み、シンプル且つ美しい仕上がりとなります。
 さまざまな技巧は使うことを前提に施されており、お酒を入れると光の屈折で底から徐々に模様が上がってくる万華鏡のような輝き、手になじむ角のないカッティングなどは、まさに「鑑賞の美」と「用の美」を兼ね備えた芸術的な一品です。
  • テンマキリコギャラリー  オフィシャルショップ
    天満切子Gallery 【Official Shop】
  • 〒530-0043
    大阪市北区天満2-2-19 サンナカノビル1F地図で見る
  • 06-6926-4443
  • 営業時間
    11:00~20:00
  • 定休日
    月曜日
  • クレジットカード利用
    VISA,MasterCard,JCB,American Express,ダイナース,その他

Copyright 天満切子Gallery 【Official Shop】 All Rights Reserved.